メッセージ欄

分類 【お知らせ】 で検索

一覧で表示する

お知らせ

うちで手ほどきさせていただいたロープエンジニアの方が技術を研鑽されこのたび
「ロープワーク テクニカル トレーニング スクール」を開設されます。

ご誠実で見識豊かなやさしい先生がご丁寧にご指導くださいます!

お問い合わせは、広島県福山市 螢宗璽謄奪スコーポレーション 小野様 まで(084-999-3981)

ロープテックジャパンが応援申し上げます。

001.jpg
2024/02/21 19:00 Update

お知らせ

来年度(2023年4月1日)より講師報酬を改訂させていただきます。

移動日 8000円/日 ⇒ 15000円/日

現場待機 8000円/日 ⇒ 15000円/日

予備日休業補償 15000円/日 ⇒ 15000円/日

どうぞよろしくお願いいたします。
2023/02/12 11:11 Update

弊社の名前をかたって詐欺メールが送られています

弊社の名前をかたって、お取引先様に詐欺メールが送られています。

一昨日から弊社の名前をかたった詐欺メールがお取引先様に送られております。

文字化けしたり、zipやwordファイルが添付された長文の英文メールのようです。

こちらのパソコンはスキャン済みで、こちらのパソコンやサーバーから送られたものではありません。

弊社の古いアドレスファイルを入手した者が発信していると思われます。

こちらからできる対応はなく、ご迷惑をおかけしますが、弊社名でのメールの開封にはご注意いただき、文字化けや、zipやwordファイルが添付されたものは開かず削除ください。

大変ご迷惑をおかけします。

急ぎお知らせまでです。

よろしくお願いいたします。
2022/11/05 19:44 Update

Neo-SRT

このたび、ロープテックジャパンは、これまで手解きさせていただいた皆様に改良型のシングルロープテクニックを提唱させていただきます。
ご存知のように国内のロープ高所作業につきまして、ビルクリーニングと法面工事については、メインライン以外にライフラインの使用が義務付けられています。
しかしそれ以外の業務においては、シングルロープでの作業が認められており、特に自然斜面や橋梁桁下など、ライフラインがあるほうがかえって危険が増す場合にはシングルロープテクニックを採用して作業を行っておられると思います。
かねてから、SRTの講習時には「ロープ以外はすべて2点以上の確保が原則です」とお教えしておきながら、ライフラインを使わないSRTでは、下降時アバオやファルコンなどの腹部メインアタッチメントが破断したらおしまい、という矛盾に悩まされておりました。
そして、産業用ロープアクセスのギアが充実する昨今、ほぼすべての皆様が「ロープアクセス」(EN813)と「フォールアレスト」(EN361)両方の規格を満たすハーネスを使っておられるかと思います。
さらに腹部メインアタッチメントが独立したリングになっているものを使っておられる方が多いかと思います。
例えばアバオポッドクロールファーストや、ファルコン(ファルコンアッセントではなく)とトップクロールを併用した場合などです。
それを前提とすれば、腹部メインアタッチメントが破断しても有効な確保が得られる方法を考案いたしましたので、ご紹介させていただきます。
「Neo−SRT」と呼称したいと思います。

注意:ここでご紹介するシステムは、メーカーが許可した使用方法ではありません。
使用にあたっては自己責任でお願いします。

Neo01.jpgNeo02.jpgNeo03.jpgNeo04.jpgNeo05.jpgNeo06.jpg

また、下降開始時の安全確認やリビレイの通過時にも、ロングカウズテイルをチェストカウズテイルに変更してもらうと、メインアタッチメント破断時に、チェストアタッチメントが有効な確保として機能します。

ご参考になれば幸いです。

皆様のお仕事のご安全をお祈りしております。
2018/04/09 5:28 Update

長期出張

2月は長期で現場指導に伺います。

長野・千葉・沖縄・静岡・宮城・愛知・・・・(汗)。

申し訳ありませんが今月は講習をお引き受けできません。

3月以降はまだ空きがございますので、どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。
hikouki.png
2018/02/01 11:12 Update
 Home