メッセージ欄

分類 【プーリー効率再考】 で検索

一覧で表示する

プーリー効率再考

新ギア「マエストロ」がやってきたことですし、プーリー効率を再考しました。

まだエンフォーサー(ロックエグゾチカ)がないころに、少しずつウェイトを増やして平衡点を読み取って計測していました。
re.jpg0001.jpg

マイナーチェンジしたギアや新発売のギアもありますので、エンフォーサーを使ってひととおり試験しました。
0002.jpg
014.jpg
001.jpg005.jpg007.jpg008.jpg009.jpg010.jpg

今回はエンフォーサーで手軽に1kg単位で計測できるので、いろいろやってみました。

橋梁でよく出くわすコンクリート製の壁高欄や鋼製パイプの高欄など、プロテクターをつけた状態でどの程度の荷重が支点に伝達されているのか気になっていました。
015.jpg016.jpg
011.jpg012.jpg013.jpg

こんな結果になりました。ご参考にしてください。
017.jpg

興味深かったのは、新リグは旧リグよりわずかにプーリー効率が悪くなっていました。

短距離登高の際に、ビレイモードのない新リグは旧リグに比べて少し抵抗が大きいように感じていました。

数字に表れました。

また、究極まで小型化したセーフガードを可変カウズテイルとして使っていましたが、これも抵抗の大きさに辟易していました。これも数字に表れました。

高欄のプーリー効率が見積もれたことは面白かったです。

コンクリート製の腰壁では25%、鋼製パイプだと36%(いずれもプロテクター使用)となりました。

高欄の根元にリギングするか上部にリギングするかを選択する際の荷重の見積りに使っていただければよいかと思います。
2020/03/08 14:46 Update