マエストロ

PETZLが一昨年発表していったん取り下げたホーリングのメインディバイス「マエストロ」がついにやってきました。

image00.jpegimage4.jpegimage3.jpegimage1.jpegimage2.jpg

うーん、でかい。もうちょっと小さくできなかったか?

前面プレートにどうしてクリップを付けない?
ロープジョイントのノットパスの時に落とすやろ!

がとりあえずの感想です。

まぁ、ラチェットのプーリーとレバーの操作性は、さすがPETZLといったところでしょうか。


ホーリングのメインディバイスとしてRIGを使用した場合、ロワーダウンの際はよいとして、ホーリング時のプーリー効率は27%になってしまうことが今までの懸案事項でした。

マエストロはラチェット式のプーリーと可動式の偏心ボビンにより、効率95%でのホーリングを可能にしました。

ホイスト技術については大きな一歩かと思います。

しかし、この大きさ重さだと、常に携帯するのは無理があります。

これがRIGサイズになれば、通常使用の下降器として使用することができ、さらにオンロープレスキュー時のホーリングメインディバイスになりえます。
image2.jpeg008.jpgimage0.jpeg

期待しましょう。
2020/02/24 20:44 Update
 « Previous   Home   Next »